So-net無料ブログ作成

賽の神 [文化]

昨日とは打って変わって日が差し、明るい。

でも、天気の変わるのが早い。

出かけたら、こんな天気、雪が降っています。
sai2.jpg


新発田で買い物をしてこんな風景を見ながら走っていた。
先には山が有るのです。
sai3.jpg


突然こんなものが目に入ってきた。
「賽の神」をやっていたので、車の中から写真を撮りました。
sai1.jpg


そこで、写真を数枚撮って走っていたら別のところで、また「賽の神」をやっています。
そこでは、車から降りて、写真を撮りました。
sai4.jpg


火の方に目がいって、気がつかなかったのですが、立って見ている人がこんなものを持っている。
sai5.jpg


坊やも「するめ」
sai7.jpg


大人も「するめ」
sai10.jpg


写真を撮っていたら、「お祝いだから」と言って、コップ酒をふるまってくれた。
寒かったので、美味しかった♪

だいぶ燃えてきた。
この火が崩れたら、するめを焼くらしい!

燃えた竹が「ドーン」と鳴ったら、「ほーやほーや」と言うそうです。
「この「賽の神」を「ほーやほーや」と、言うんだ」
お酒をふるまってくれた人が、話してくれました。
sai6.jpg


ここでは、みなさんするめを持ってましたが、お餅を竹の先につけたり、竹にお酒を入れて「燗」をしたりして頂くそうです。
こんなするめも!
sai8.jpg


大人は、こんな方法も!
sai9.jpg


かわいい坊やも!
sai11.jpg

この火で焼いたスルメや餅を食べると病気にならないと言われています。
こんなかたちで、みなさん「無病息災」を願って神事をやってました。

「今日は各集落ごとにやっている」
と、話してくれました。

帰る途中、田んぼをみたら、まだやっていないこれからの賽の神も、立ってました。

ほろ酔い気分で帰ってきました。

ほな、これで!

散策でした [文化]

「大したもん蛇」が、来るまで、散策をして、待ちました。

「道の駅 桂の関」の近くには、豪農で有名な「渡辺邸」が有ります。

「渡辺邸」は、重要文化財指定です。

大蛇が来るまで、周囲を散策。

「東桂苑」の庭や建物は、渡辺邸の新宅です、ここも、国の重要文化財指定です。

「新宅の東桂苑」も素晴らしいですね。

「東桂苑」をご覧ください。
seki1.jpg

seki2.jpg


ここが「東桂苑」の表玄関
ここで、毎年秋に、「月見茶会」が開かれ楽しまれます。
seki3.jpg

seki4.jpg

seki12.jpg


新宅でも、庭の規模、建物の規模、越後の豪農はスゴイです。
seki5.jpg


本宅でなくても、この広さです。
seki6.jpg

「東桂苑」の建物の縁側です。
この日は、大学生が借りて泊まっておりました。
seki9.jpg


この塀は、重文の渡辺邸の表通りです。
塀の長さは、写真に全部は入りません。

この塀の中で、「蔵」と言う映画撮影がありました。
seki7.jpg


渡辺邸の裏通り。
堀には鯉が泳いでおります。
seki10.jpg


鯉にエサをやっている人が居りました。
seki8.jpg


水車もあり、水車が回って、綺麗に管理されております。
seki11.jpg

ぶらつき散策をしていたら、大蛇が来ました。

それから忙しく活動でした。

それでは、これで!

お雛様の 2 [文化]

11時過ぎに床に入ったのですが、エネルギーが余って、疲れていないので、寝付けない。

困った、困った、仕方なく起きて真夜中にブログ作りでもしよう!

毎日通っているスポーツ施設は、春休みに入って混んでいる。

土、日、と、なると、大人も休みなので、もっと混雑する、それでお休みをした次第。

以前は1500M休まず泳いで、プールの中を1000M以上走り、その他腕立て伏せや足上げ体操をかなりこなしていた。

今は膝を痛めてから、少し減らして1000M泳いで、走るのは500M位におとしてやっていますが、運動量が足りないため、太って困って食事制限をするはめに!

まだ膝か完治していないから、以前ほどの運動量ではないけど、人と比べれば今でも多いので化け物と言われておりますが・・・化け物かもしれません、疲れないので。  

そう言う訳で、休んだら体力が余って眠気が差さない、それが悩みです。

ブログは昨日の続きを載せることにします。

変わり雛 パート 2です。

笑う門には・・・



帯地で作った 帯ひな様 を2つ







村上市の隣に朝日村があり、そこには「大須戸能」が伝統文化として引き継がれて、4月3日に毎年能が行われます。
その 「能面こけし愛好会」 の作品、です。


















まだ有りましたが、このぐらいで止めておきます。



この日は 「うおや」 の雛弁当を買って車の中で食べました。
ちらし寿司



全部魚料理



二段重ねのお弁当


お料理が上手、美味しかった。

午前3時過ぎちゃった、さぁ 寝よう、おやすみなさい。


面白い 雛様 [文化]

新年度がはじまりました。
「気持ちを新たにして頑張ろう、」
と思いましたが、お勤めもしていないし、健康を管理してゆったりと過ごそう。

城下町村上は、4月3日まで雛祭りの 「人形さま祭り」をしております。

古い雛人形をお持ちの家も多く歴史を感じさせます。
お雛様は、多くのブログで見られていると思いますので、変わった雛をのせましょう!

「人形さま祭り」 には、郵便局も参加しております。
この雛は、村上中央郵便局の中に飾ってあります。

このたびは、笑える 雛人形を載せることにしました。

おひるね様
猫がお昼寝をしております。



ねこ雛



寄り添い雛



ほろ酔い雛



桃日和



脱 メタボリック雛



くつろぎ雛



電車ごっこ雛



お茶にしましょ 雛



ティータイム 雛


一番上の おひるね様は、あまりにも可笑しいので吹き出してしまいました。
ねこが小さくて分かりにくいですね。
今日はこのぐらいにして、また続きを載せます。


涙ぐましい雪祭り 2 [文化]

今年の異常気象で、雪が無く気温が高く、作った後から作品が溶けていく!

そんな年の雪祭りは、いつもの年と違った貴重な作品に見えてきます。

雪が黒いのもその年の雪不足を表しております。

引き続き作品をご覧ください。

↓縁起物で行こう



↓小力もキレる飲酒運転シャーこら



↓ステージ
毎年、ここできものショーや歌謡ショーその他色々ナイターで楽しみます。
真っ白でとてもきれいな雪像なのですが、今年はこんな色です。



↓ガイアシンフォニー
十日町市長賞を頂いた作品です。



↓命  この作品は、雪が白かった。
十日町市議会議長賞です。
表から



横側から



裏側から




↓この作品は十日町幼稚園



↓ガソリンスタンドの作品



↓町のお店の作品



↓雪像の犬の足元に小さいのが見えるでしょ。
これをモデルに作ったのです。


ここのオウチの方は、毎年雪像を作って参加しています。

雪の多いときは大作が多く、個人のは省かないと載せきれないほど、有ります。
今年は、10分の1ぐらいです。

昨年は、消防署、病院、郵便局、学校、介護施設、なども参加していました。
今年は、雪が無いため不参加。


涙ぐましい雪祭り 1 [文化]

この2~3日、遊び歩いて帰って来ると疲れちゃって、バタン グー。

ブログネタが無いから更新をしていない、というのではありません。

作る時間が無かっただけです。

この2日間で550キロ走りました。

今日は、雪祭り会場へひとっ飛び・・・祭りを見に行って来ました。

北海道では有りませんよ!

新潟県の十日町です。

ここは、以前は絹織物の街でした。

今は、機織りの音は聞こえてきませんが、何年か前までは友禅で活気にあふれた街でした。

時代の流れなのか、今はその姿はすっかり消えてしまい、様変わりしています。


今年の暖冬は、色々なところへ影響を及ぼしています。

豪雪地に雪が降らないのです。

ここ、十日町市は毎年この時期に雪祭りを行っています。

でも今年は、雪が降らず、何処にも雪が無いのです。

今年の積雪、7センチ、の十日町。

雪が無いのに、雪祭り、涙ぐましい努力です。

雪をどこから集めて来たのやら・・・

何処にも無い雪を集めるのは大変だったと思います。

こうなると、今まで続けてきた雪祭りを止めるわけにもいかず、意地ですね!

どうぞご覧になってください。

いつもはきれいな雪を使うのですが、雪が無いから色が悪いです。
↓春を見つけた男



アップした雪像です。
↓地域には芸術家が、1人ぐらいはいるそうです。



気温が高いので、溶けだしています。
もっと良く作られていたと思います。
↓日本人、 



↓春山に祈る



↓海へ



↓天空の城 ラピュタ
 この雪像は、十日町市長賞です。




↓カーニバルのミニステージ

雪が無く、取り止めた地域や参加を止めた施設なども多く、数はいつもの10分の1です。
雪像はまだ有りますが続きはこの次載せます。


昔ながらの風景 [文化]

福島潟の風景をご紹介。

ここはお休み処。



近づくとこんな風。
懐かしい匂いのする建物。
昔の家の方が、ステキと感じる。




お休み処の周辺は、やはり昔を思い出させるのどかな風景。
薪がこのように。



葦の束。
屋根をふいたり、すを編んだりする、葦がこのように集めて有ります。



お休み処の中は、また、懐かしい匂い。
子供の頃を思い出す囲炉裏。


小正月だったので、まゆ玉が飾って有りました。



火棚には、こんな燻製も!
干し柿も、色々保存食品が。



この辺は、湿地帯だったので、田舟で農作業をしたと聞いてます。
その、田舟の中には、28センチ位の大きな田貝が飼われて、大きさにビックリ。



これは、漁をする小屋です。
舟で行って、この中で網を上げ下ろしをします。
魚を捕る網が仕掛けて有りました。

逆光で、見にくいですね。


今年は、雪が降らず、こんな時期から、ネコヤナギがこんな風に。


これはまだですが、咲いていたのもありました。





たまには、文化も [文化]

新潟で、和菓子を買ってきました。
和菓子は季節を表し、また菓子の姿を鑑賞して、味わう。
中には、食べるのが惜しいほど良くできています。

茶室で抹茶を入れて、楽しみ頂きました。



季節先取りです。
この和菓子は初音です。



この菓子は、丹頂です。
見た感じお餅のようですが、練り切りです。



これは、雪中花です。


もう一種類有ったのですが、うっかり食べてしまいました。
その菓子も、とても良く出来ていて、本物と間違えそうでした、残念。

雪下駄を知っていますか?
今の季節の物なので、飾っています。
この下駄は、ミニで置物です。



雪下駄は、歯が一つで、雪の上を歩いても、雪が付かなくなっています。


他の地方にも有るのかな・・・?



活動開始 [文化]

5日は朝からとても良い天気。

1月に、こんな日は、滅多にない。

氏神様は拝んだ。

そうだ、初詣に行こう、南下しようか、それとも北上しようか、迷ったが南下に決めた。

護国神社もある、白山神社もある、そうだ越後一宮、弥彦神社にしよう。

我が家からは、100キロ離れている弥彦神社へいった。

三賀日は過ぎたし、平日だし混んではいないだろう、と思っていたのは甘い。

弥彦神社の近くへ行ったら車の渋滞、全然動かず、近くは満車。
流石、越後一宮、大型バスも数台、人も多かった。

離れた駐車場へ止めて歩くことにした。

弥彦神社の正門。



通りは、御神灯がついていた。



通りからは、神様だけ渡る、「玉の橋」が見えました。



玉の橋です。



弥彦神社、本堂です。



弥彦神社には、鹿もおりました。



雲一つ無い、とても良い日で車から山を撮ってみましたが・・・・いかがかしら!!



夜も数え切れない星空。
月もきれいです。

屋上から撮りました。
今日は一日、カメラの勉強なので、いかがでしょう。
大きさも、思ったより小さかったり、大きかったり・・・まだよく分かりません。


お正月 2 [文化]

2006年の暮れは、
1)家は虫に喰われて、家も新しく建て替え引っ越しをました。
2)電化製品も、建て替えに合わせて、全部買い換えました。
3)車も、酷使しすぎて新車に買い換えました。
4)わたしも、膝を痛めてしまいました。

家も 電化製品も 車も 新しくなりましたが、私だけがリフォームです。
人生のパートナーに聞きましたところ、返ってきた言葉は、
 「取り替えると、1番高く付くので取りかえることはできない」
とのことでした。
はい、まだ、完治していません。リフォーム中です。

2007年の正月、二日目の朝七時ころです。
食堂から虹が見えたので、撮りました。

二日目の午後は、きものを出して、子供たちに着せてあげました。
離れていると、娘たちもあまり着るチャンスがなさそうです。
着物を持たせても、管理ができないので、ウチで管理をするしかなさそうです。

今日は、子供たちが帰ってしまい、その後床をあげて、掃除をしたり、荷物を送ったり・・・。
全部終わってから、干し柿を片づけたり、



まだ、粉がでていません。これから、粉がふきます。

暮れに作った柚ジャムは、ビンに詰めたらこのくらい有りました。

親戚に上げたり、子供たちに持たせたり、送ったり・・・・。

三日目のお正月も、こんな一日で終わりそう。
初詣には、まだ行っていません。
これからです。

今日も穏やかな、とても良いお天気でした。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。