So-net無料ブログ作成
海外旅行 ブログトップ
前の10件 | -

北インドの旅 22 [海外旅行]

秋たけなわ、新潟は稲刈りの時期ですが、毎日、毎日雨降りです。

1年かけて育ててきた稲は濡れて倒れ、この長雨で品質が落ちるのを心配している農家が多いです、今日も雨です。

急激に気温も下がり昨日スポーツ施設の帰りの温度、17℃でした。



インドの旅も、今回で終わりにします。

今日は、泊まったホテルです。

ホテルでの食事は朝食だけで、昼、夜、は、レストランです。

朝食もバイキングです、一流ホテルでも生ものは避けた方がよいですね。

果物も包丁で切ったものは避けた方が良い、マンゴー、スイカも、美味しそうだっけど食べるのをやめました。

要するに、熱の加えたもの、自分で皮を剥くもの、以外は一流ホテルといえども腹の中が怪しくなるわけよ!

外へ出ると簡単にトイレも無いし、綺麗でもないのにチップも払わなければならないし・・・・!

ここはジャイプールの泊まったホテル。

ジャイプールに居る間は、このホテルに宿泊、荷物はそのまま部屋に置き、お金とパスポートだけ持っての観光でした。
yad1.jpg


ホテルの入り口にボーイが立っていて、ナマステー 「こんにちは」 と一人ひとりに挨拶の生花の首飾りをかけてくれます。

ところが、ウチの相棒にだけ、右手で敬礼をするのです、相棒も右手で敬礼をし返したそうです。

ホテルに帰るたびごと、ビシッ と直立不動になり、右手で敬礼をするのです。

「他の人にしないのに、何故か自分にだけ毎回 敬礼をして、軍人と思ったのだろう」

と相棒は言っていた。


ホテルの中。
yad7.jpg

続きを読む


北インドの旅 21 [海外旅行]


北インドの旅も21回目です。

日本から持参した喉あめを運転手に上げてから、運転席の傍に座らせていただき、特別待遇で撮った写真です。

私たちの見たインドは、「これからの国」と感じました。

走っても、走っても、土が掘り起こされ、開発の真っ最中。

建設ラッシュでした。
kenset5.jpg


3年後、5年後、は見違える国になっていることでしょう!
kenset1.jpg

続きを読む


北インドの旅 20 [海外旅行]


車窓から見たインド、の続きです。

インド人はどんなことにもめげず、逞しく生きてます。

弱くなった日本人、見習わなければならないと感じました。


これは物売り、ガイドに聞いたら庭になったものをもってきて売っている、と言ってました。
何の実だろう?
syaso-15.jpg


走っても、走っても、人の列が・・・・何処からこんなに集まってくるのだろう!
syaso-16jpg.jpg

続きを読む


北インドの旅 19 [海外旅行]


7月 8月と2カ月も水泳を休んでいたため腕の筋肉が落ちて、500mしか泳げなかったけど、今は休まずに1000mでも疲れない。

以前と同じ体力に戻っていた。

でも・・・体重は増えていた、脂肪より筋肉が重いから・・・!

食欲の秋、上昇には気をつけないと・・・・夜長だし☆☆


北インドの旅は、ジャイプール、アグラ、デリーと500キロ移動する。

車窓からの眺めも面白い。

私の行った時は、ヒンドゥー教のお祭りで国中、人で賑わっていた。

車窓からも寺院のあるところは、凄い人!
syaso-5.jpg


どこもかしこも、人人人、バス、タクシー、バイク、トラクター、乗れるものを全て利用をして、国中から集まってきます。
syaso-6.jpg

続きを読む


北インドの旅 18 [海外旅行]


やっと晴れましたが、不安定な天気の毎日でした。

日が差したかと思うと、ものすごい雨、荒々しい気候になったような気がします。

雨だったり、曇りだったり、晴れたり…・・日に何度も繰り返されたら、雨のち曇り、時々晴れ・・・そんなの予報になりませんね!。

この先、地球は生き物の住める星で有り続けることができるのだろうか・・・と不安になることが有ります。


さてインドの旅の続きです。

この門をくぐります。
rekidi2.jpg


この日の観光が見えてきました、
rekidi1.jpg

続きを読む


北インドの旅 17 [海外旅行]

前回の続きです。

クトゥブ・ミナールです。
ind 1.jpg

ヒンドゥーとイスラーム両様式の混ざった高さ72・5mの塔。

とにかく高い,72m・・・見上げても首が痛くなる。
ind-3.jpg

続きを読む


北インドの旅 16 [海外旅行]

あの猛暑も、朝晩、涼しくなりました。

夏休みが近くなったころから終わるまで約2カ月、プールでは泳がず、もっぱら腰ひねり1300回、スクワット400回をやっていた。

先日久しぶりに泳いでみたら、腕の筋肉が落ちて500mがやっとだった。

泳ぎを休んでいる間、スクワットをしていたせいか、大腿部に筋肉がついて競泳用水着が太腿に食い込み、脱ぎ着するのに大変になった。

もともと競泳用水着は伸びず、脱ぎ着するのは大変な水着で、汗ばんだ肌のときは四苦八苦!

そんな今日この頃です。


前回の続きのアグラ・フォートです。

全部金箔の貼ってあった部屋ですが、イギリス植民地時代に剥がされてしまった部屋。
当時は、輝いていたでしょうね。
ind25.jpg


ind24.jpg

続きを読む


北インドの旅 15 [海外旅行]


前回の続きです。

城から見た周辺の景色、緑が多いですね。
ind13.jpg

ind14.jpg

続きを読む


北インドの旅 14 [海外旅行]

9月4日、娘と孫を送ってきましたが、張りつめていた気持が抜けたようで、何もする気が起きず、しばらく更新を休みました。

今年の連日の猛暑で、庭も赤茶けた山野草、赤茶けた木の葉、、生った木の実は殆どが落ち、見るのもむざんな状態です。

植物の生きられる限界を超えたのでしょう!

今年の秋は、ものすごく不作です、毎年100個も生っていたアケビも殆ど生っていません、カリンや柿もそうです。

植物だけじゃなく、孫の去った後ワタシも、エネルギー切れです。

そんなわけで、立ちあがるのに時間がかかりました。


今年の3月に行って来たインド旅行も、庭の花が咲きだしたので、半端になったままです、しばらく休んでいたので、それから更新をしようと思います。

前回は、タージ・マハールまで更新しました。

拝観するのに、空港並みの検問を受けて入ったことを思い出しております。
白大理石で21年もの歳月をかけて造られたタージ・マハール、溜め息の出る美しさでした。
ind1.jpg



その日は、ヒンドゥー教のお祭りにぶつかっていて、国中から人が集まって来て、何処も人混みで賑わっておりました。


次は、アグラ・フォート、これは城壁、
ind2.jpg


王様シャー・ジャハーンは、毎日この城から愛妃の眠るタージ・マハールを眺めて暮らした城です。

続きを読む


北インドの旅 13 [海外旅行]


前回の続きです。

タージ・マハールとは、「タージ=王冠  マハール=王宮」 
忘れましたので、この逆かもしれませんが、そんな意味とガイドさんが説明してくれました。

タージ・マハールは、五代皇帝、シャージャハーンが、若くして亡くなった愛妃ムムタージ・マハルの死をいたみ、21年もの年月をかけて建てられた。
ta-ji1.jpg

王妃は、産後の肥立ちが悪くて、亡くなられたとか!

続きを読む


前の10件 | - 海外旅行 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。